骨気(コルギ)は小顔になれたり、アンチエイジングに効果があると人気の美容法です。
アンチエイジングには骨が鍵を握っているという研究結果も出てきていますよね。
そういった意味でも、今後さらに注目を浴びる美容法とも言えるかもしれません。
一方で、骨気は危険!というイメージを持っている方や聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

なぜ骨気は危険と言われているのか?

今回は骨気が危険と言われている理由をシェアしていきたいと思います。

骨気が危険と言われる理由3つ

1.無資格で施術できる

骨気が危険と言われる理由として“無資格で施術できる”ということがあげられます。
極端な話をしてしまえば素人でも施術できてしまうということです。
もちろん素人が施術すれば、すぐにバレますし、口コミや評判が良くなるわけもないので、基本的にはありえない話ですが…
とにかく大事なのは、しっかりとしたサロンを選んで施術を行うということです。
施術数に実績があること&口コミの数が多い・評価が良いサロンを選ぶようにしましょう。
また民間資格ではありますが、施術者全員が骨気療法の資格を持っているサロンなどを選ぶのも良いかと思います。
私が通っているBloomは施術者全員が資格を持っており、大手のエステサロンでもあるので安心感を求める方にはおすすめです。

2.施術後に顔が腫れる可能性がある

口コミなどを見ていると施術後に顔が腫れたり筋肉痛のような症状が出てしまったという人が一定数います。
骨気に詳しくない人だと「施術後に顔が腫れるなんて危険すぎる」と思ってしまいますよね。
しかし、骨気後に顔が腫れる=施術ミスというわけではなく、好転反応による症状の場合もあります。
好転反応の場合は、3日程度で腫れが治まり見違えるように顔がスッキリします。
施術ミスの可能性も0とは言い切れないので、あまりに腫れが長引く場合は、サロンやお医者さんに相談するようにしましょう。

3.サロンの表示方法が景品表示法に触れた

2019年になってから、2つのコルギ運営会社が景品表示法に基づき再発防止を命じられました。
これは簡単に言うと、集客のために誇大広告を打ってしまったということです。
医学的に頭蓋骨の大きさが変わることはあり得ないにも関わらず、そのように受け止められかねない表示をしてしまっていたようです。
じゃあ小顔効果はないの?という話になりますが、そんなことはないと思います。
実際の口コミを見ても小顔効果を体感している人は多いですし、ビフォーアフター写真を見ても明らかに違いますからね。
頭蓋骨を小さくして小顔にしているわけではないということです。
骨気は骨と筋肉にアプローチして、筋肉と骨を剥がしていくような施術。
老廃物やリンパを流し、むくみがとれることによって小顔効果を体感できるというわけなんですね。
それじゃ他のエステと一緒じゃない?とも思われがちですが…
骨の間までアプローチして深い部分のリンパや老廃物も流し出せるのは骨気だけと言って良いと思います。
あくまで医学的には実証されていない効果ということは認識しておきましょう。

実際に問題は起きているのか?

骨気の施術で重大なトラブルが起きたということは今のところないと思います。
サロンの口コミでも、施術後に顔が歪んだなどというのは見たことがありません。
ただし、「施術後に痛みが出た」「施術後に顔が腫れた」という口コミは稀にあります。
前述の通り、好転反応で施術後に痛みや腫れを伴う可能性があるため、そのことは理解した上で施術を受けましょう。
結婚式や大事なデートの直前などに、サロンに相談せず施術を受けることはおすすめしません。
しっかりとしたサロンであればカウンセリング時に説明もあると思いますが、不安な場合は聞いてみるのも良いと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

骨気は骨にアプローチを掛ける施術で、圧も比較的強いため、危険というイメージを持つ方が多いかと思います。
しかし、しっかりとしたサロンを選んで施術を行えばトラブルが起こる可能性は限りなく低いです。
民間資格ではありますが、施術者全員が骨気療法の資格を持っているBloomなどは安心感も高いですし、おすすめです。